診療案内


インプラント治療の流れ

2019年7月10日

今回はインプラント治療をご希望される方に向けて、当院でのインプラント治療の流れを簡単にご紹介していきたいと思います。
治療の流れについては、当院ホームページ「診療案内」の中の「インプラント」の項目にも記載しておりますので、あわせてご参考にしてください。
 

インプラント治療の流れ

 
①問診・診断
患者様の現在のお悩みや治療に関するご希望などをお聞きしたうえで、次にインプラント治療に必要な診査をおこないます。
当院では歯や骨の状態を立体画像にして写しだす歯科用CTを導入し、より精密な診断をおこなったうえで皆様に安心・安全なインプラント治療をご提供しております。
 
②治療計画の説明・インフォームドコンセント
種々の検査結果を総合的に診査し、皆様に最も適した治療方法について詳しくお話ししていきます。
当院ではこちらが立案した治療計画を皆様に無理強いすることはいたしません。
治療の方法や期間、費用などを含め、患者様がすべてご納得しただいたうえで、次のステップへと進めてまいります。
 
③インプラント治療の前処置
インプラント治療を始める前に、虫歯や歯周病の治療が必要な場合は先にその治療をおこなっていきます。
またインプラントを支える骨の量が十分ではないケースでは、事前に骨を補強する治療(骨造成)をおこなっていきます。
 
④一次手術
インプラントの人工歯根部を顎の骨に埋め込む手術をおこないます。
手術には麻酔を使用するため、術中に痛みを感じることはありません。
手術時間は埋入するインプラントの本数にもよりますが、おおむね30分から1時間を予定しています。
一次手術後は人工歯根が骨に定着するのを待って、次のステップへと進んでいきます(3~6カ月程度)。
 
⑤二次手術
一次手術の後、人工歯根が骨にしっかり定着したのを確認した上で二次手術をおこないます。
二次手術では歯ぐきの一部を切り開き、連結部(アバットメント)を装着していきます。
一次手術ほど大がかりなものではないため、術後に痛みや腫れがでたとしてもごく軽度です。

二次手術後は傷の治り具合をみながら、次のステップへ進みます。
 
⑥人工歯(上部構造)の装着
二次手術は傷の治り具合をみながら、歯型をとって人工歯を作製していきます。
まずは仮歯を装着し、歯並びや噛み合わせの状態を細かく調整しながら、患者様のお口の状態にぴったりな歯の形状を完成品にも反映させていきます。
完成品を作製後、連結部に装着したら治療終了です。

 

24時間365日いつでも診療予約

・JR飯田橋駅東口 東京メトロA4出口 駅徒歩4分 東西線A5出口より2分 ・土曜診療 TEL:03-3237-0757

〒102-0072 千代田区飯田橋4-1-11信濃ビル2F

詳しく見る

診療日時
09:30~13:00 --
14:30~19:00--

14:00~17:00

休診 : 木曜・日曜・祝日・土曜午後

予診票ダウンロード

スタッフ募集中 最新設備のクリニックで最先端の治療を学びスキルアップを目指したい方!03-3237-0757

ページトップへ戻る